フレンチブルドッグぶりと人間の妹 犬猿の仲だけど・・・

ぶりといもうと

フレンチブルドッグのぶりと人間の妹。ふたりは犬猿の仲・・・

らしい?らしくない?

オムライスを自分で作ろうとしてから

 

2ヶ月…

 

今度はカレーを自ら作り始め…

 

お米を研いで

 

ニンジン、タマネギ、じゃがいもの

 

皮むいて、切って…

 

と完璧な準備を

 

ほとんどひとりでしてくれました。

 

4歳児、どんどん…

 

どんどん!!

 

成長します!!!

 

 

で、別の日やけど

 

ぶりちゃんは

 

母がキッチンに立っている間、

 

足元にずっといるので

 

f:id:eruburi:20190418120331j:image

 

ブランケットを敷いてあげたら

 

ずーーーっと母を監視していました。

 

ぶりちゃんらしくない。

 

エルみたいだなぁ〜

 

エルを思い出すな〜(/ _ ; ) なんて

 

思ってたら

 

 

私、サツマイモを潰してました。

 

狙いはサツマイモ…Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

 

何より、ぶりらしい。

母想う娘

こんなグミを見つけました!

 

f:id:eruburi:20190310224316j:image

完全にパケ買い☺︎

 

しかも ぷにぷに感がなかなかリアル♡

 

ちょっと小さめだけど、パピーの頃の肉球

 

普段は「食べ物をペタペタ触らないで!」

 

と妹ちゃんに言う母だけど

 

これは是非とも触って欲しい!

 

 

さてさて

 

とある日の夕方、

 

ぶりちゃんと戯れながら

 

妹ちゃんの歌を聴きながら

 

ゴロゴロしてたら うっかりウトウト…

 

数10分後…

 

妹ちゃんが

 

「ママぁ、ニンジン使いたいんだけど…

 

袋どうやって開けるの?」

 

ん??ニンジン?何の話??

 

妹「オムライス作ろうと思って」

 

と。

 

 

寝てる母にブランケットかけて

 

晩御飯を作ろうとしていた妹ちゃん。

 

優しい♡

 

 

結局、寝ぼけた母が見守る中、

 

ニンジン切って…

 

ハム切って…

 

卵を割って混ぜて…

 

火を使う以外の下準備をやってくれました。

 

 

すごく優しいんやけど

 

何もなかったからいいけど

 

母親が

 

うっかり寝てる間に

 

4歳の子どもが包丁を使おうとしてた。とか

 

ゾッとする…

 

 

包丁を使う前に

 

母を起こしてくれてよかった。

 

 

包丁は子ども用のやし

 

普段からお手伝いで使ってるとはいえ

 

これは危ない。

 

 

火とか使うようになったらもっと怖い…

 

 

 

すごく成長してて

 

嬉しすぎるけど…

 

 

万が一のことを考えると

 

怖い…

 

 

包丁は一人でやらない約束をしておかないと。

 

あと、うっかり寝ないようにもしないと…

 

 

 

妹ちゃんの成長と

 

妹ちゃんの母を想う気持ちを受け

 

気を引き締めて

 

もっともっと頑張らなきゃ!と思った出来事でした。

 

 

 

 

 

 

ワンちゃんのブタ

妹ちゃんが

 

「ぶーちゃん(ぶり)はワンちゃんのブタよ!」

 

と言いました🤣

 

なかなかの暴言っ!

 

 

さて

 

久々に

 

お人形ブームがやってきた妹ちゃん。

 

寝る支度をしているとき

 

f:id:eruburi:20190227090154p:image

「メルちゃんのパジャマがないなー」

 

って言うから

 

一念発起して

 

作ってやるか〜と思い立ち…

 

でも布を買いに行く気にはなれず…

 

妹ちゃんの着れなくなった服をリメイクしようと思って

 

ゴソゴソ漁ってたら

 

妹ちゃんが「これ可愛い〜♡」と

 

気に入ったものを


f:id:eruburi:20190226182424j:image

ぶーちゃんに着せました

 

母娘的にはかわいいけど…

 

冷静に見たらどうなんだろうか!?

 

ブタに真珠的な…? 

 

f:id:eruburi:20190226183740j:image

「ぶーー」

 

メルちゃんと同じく

 

着せ替えを楽しまれるぶりちゃんでした♪

 

 

 

お散歩してる?されてる?

妹ちゃんの幼稚園の発表会は

 

なかなか見応えがありました!

 

張り切っていた妹ちゃんは

 

120%の動きの大きさと声のデカさで

 

目立っていて

 

終わってから

 

他のお母さん方にたくさん声を掛けられるほど。

 

ステージの上の恥ずかしさよりも

 

見てもらえる嬉しさが勝っていたみたい。

 

 

たくましく、かわいかった♡

 

 

 

 

さてさて

 

それで(前回の続き)

 

ぶりちゃんと妹ちゃんと

 

近くのスーパーに出かけたんやけど

 

f:id:eruburi:20190223210528p:image

気がつけば

 

妹ちゃんがリード持ってても

 

ぶりちゃんが歩くようになった!

 

 

ま、

 

ぶりちゃんの走ったり

 

止まったり…に

 

妹ちゃんが付いていくという

 

お散歩されてるスタイルになることもあるから

 

妹ちゃんがぶりちゃんに

 

振り回されない練習をしなきゃいけないけど。

 

 

でも

 

もともと

 

妹ちゃんがリードを持つと

 

意地の張り合いで反対方向に行ったり

 

歩かなかったり…

 

ともかく散歩にならなかったから

 

その頃を思うと大進歩!

 

 

 

スーパーでは

 

ふたり仲良く?お外で待っていてくれました。

 

安全な場所で待たせていたとは言え

 

ふたりして誘拐されたりしないか

 

ヒヤヒヤ。

 

目的のものだけを目指して

 

スーパーの中を

 

小走りの母でしたヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

 

 

 

 

 

まだ成長できる!

明日は妹ちゃんの幼稚園の発表会があります!

 

いっぱい練習してきたみたいで

 

パパママに披露できるのを楽しみにしています!

 

去年の今頃は

 

「ひとりで幼稚園に行くのなんて嫌だー」と言っていたのに

 

成長したな…

 

 

さて、この前

 

妹ちゃんと

 

ちょっと買い物へ行こうと思って支度してたら

 

ぶりちゃんが付いて歩いてて

 

「一緒に行く?」

 

って聞いたら

 

「行く行く♪」ってノリノリ!

 

 

ぶりちゃんは

 

いつ何時も自分のクッションの上♡タイプ

 

だったのに

 

 

エルがいなくなって変わったな〜

 

 

行く?って聞かれた、という事が

f:id:eruburi:20190223205208j:image

分かるようになったのは この1年。

 

遅いけど🤣

 

すごいね!

 

ぶりは

 

人間で言ったらアラフォー世代かな。

 

まだまだ成長できるんやね。

 

 

母もまだ成長できるかな〜?

 

 

……

何したらいいかな…(´-`).。oO

 

 

 

 

 

去年の紅葉シーズンのことですが

去年の紅葉シーズンのことですが

 

f:id:eruburi:20190219204717p:image

 

毎年恒例の宮島に行ってきました

 

 

 

紅葉のきれいな場所で

 

ぶりといもうとのツーショットを撮ったら

 

f:id:eruburi:20190219210158p:image

あまりにふたりが真顔だったから

 

「笑って!」とか

「近寄って!」とか

 

注文してたら

f:id:eruburi:20190219205300p:image

「近づくなっ!ガウッ」

※噛んでません。噛むふり?です。噛みたい気持ちはあるかもしれないけど、噛んでません。噛みません。

 

 

「ぶーちゃんが おでこ 噛んだーーー」

※噛んでません。
f:id:eruburi:20190219204745p:image

「知らないもーん。ふーーんだ」と言わんばかりの

悪いすっとぼけ顔

 

そして怒られ

 

なだめられたふたりは

f:id:eruburi:20190219205357p:image

距離をとって笑ってました

 

 

いい距離を保ってたのに

 

母が悪かったよ〜

 


f:id:eruburi:20190215114210j:image

という去年の11月中旬のこと。

 

紅葉は色づき始めでした。

 

 

 

後悔先に立たず。

f:id:eruburi:20190215104745j:plain

懐かしい風景 エルにべったりなぶり

 


エルが亡くなった時のこと、

 

前回書いたけど

 

予兆があったのかどうか…

 

後になって思うことは…

 


エルが亡くなる1ヶ月くらい前から

 

痩せてたこと。

 

お正月に下痢をして


いつもよりひどいなと感じてたこと。

 


下痢が落ち着いついてからは


また普段どうりで


極端に体調を崩してたわけでもないし


痩せたことも

 

便秘も下痢もいつものことで気にもせず…

 


こうやって


歳をとっていくんやろな、と


少し老けるのが早いんやろうな、と


入退院を繰り返しながらも

 

1日でも1分でも長く生きてほしいと願う


老後がこれからあるんやろうな、と思ってた。

 

 

 


エルが亡くなる前の日も

 

何も気づかず


普通に普段どうり過ごしてた

 


でも


今思えば

 


朝、ケージの中で珍しく鳴いてたのも


朝ごはんを珍しく早々に食べてたのも

 

母の膝の上を妹ちゃんに頑なに譲らなかったのも


鼻水がまた増えてたのも


トイレを久々に失敗したのも


下痢でもないのにウンチがスルスル出てたのも


妹ちゃんに耳にヘアピンつけてもらっても無反応だったのも


夜、母が妹ちゃんとお風呂に入ってる時にドアの前で鳴いてたのも

 

エルが座ろうとしてる時、母と目があって姿勢を正した違和感も

 


何かエルのメッセージやったんやろな。

 


どれも些細なことやけど


こんなに違和感が多かったのに気にしなかったな…

 

7年間、エルのそばにいた母だから

 

感じた違和感なのに

 

なんで気に留めなかったんだろ。

 

 

ちょっと気になる・・・程度でも病院に連れて行っていたら違ってたのかな。

 

エルの体調不良に慣れてしまっていた。

 

 

後悔先に立たず。

 

 

・・・・・